BodyTalk の安全性

ボディートーク療法で行うテクニックは極めてシンプルかつ安全、
非侵襲的 (注射や投薬、手術、身体に力を加える等の行為ではないもの)であるため、 副作用の心配がなく、
どのような年齢や症状の方にも 安心して受けていただくことができます。
ボディートークがこれだけ多くの方に支持されているのは、 その著しい効果にも関わらず、
安全性に対するゆるぎない信頼があるからです。

世界35ヶ国以上で2,200人以上の施術士が実践
世界中で臨床上の安全性が実証されています。

世界中で 2,200 人以上のボディートーク認定施術士が活躍しています。そして、世界中で臨床上の安全性が確認されています。

どんな方も安心して施術を受けることができるのがボディートーク。お子様も妊婦の方も高齢の方も動物も、安心して施術を受けることができます。

こうしたボディートークの安全性は高く評価されており、幅広く高い効果と相まって、医師や看護師、薬剤師、理学療法士、また柔道整復師や整体師、カイロプラクター、鍼灸師、カウンセラーやスポーツトレーナーなど各分野の専門家にも、問題解決力の向上のためにボディートークが取り入れられています。

●●●●● ボディートークが安全な理由 ●●●●●

風邪薬や痛み止め、胃薬など、ドラッグストアで売られているごく一般的な薬にも、必ず副作用についての注意書きがあります。また、手術などで患部を切除したりすれば、身体に少なからぬ負担がかかるのは無理のないことでしょう。また、代替医療でも、身体に針を刺したり、外的な力を加えて骨格の矯正を行ったりと、物理的あるいは化学的、何らかの形で身体に直接的な力を加え、影響を与えるものがほとんどです。

一方、ボディートーク療法で用いる技法は、身体の各所にそっと触れながら、頭部と胸部、腹部を軽く叩く「タップ」などに代表されるとおり、やさしく身体に働きかけることで変化を促すもので、副作用の心配もありません。

BodyTalk で用いる技法は「タップ」
体の自発的反応によるため、副作用の心配がありません。

ボディートークで用いる技法は、「神経 - 筋バイオフィ ードバック」という腕の筋肉の反応から情報を読み取るものです。不調の原因を探り、その上で 「タップ」と呼ばれるテクニックによって不調の原因の改善を身体へと促します。

優しく体に触れる穏やかなもので、局部的に激しい負荷をかけたり痛みを伴う無理な施術ではありません。また薬を摂取することもありませんので、薬の服用で出てくる副作用などの心配もありません。

人間を「身体、心、精神、感情や意識が一体となった複合的な存在」と捉え、各要素が、互いに調和しながら機能していくよう促し、全体のバランスが整えられるよう働きかけます。

施術士が診断・治療をしない
天生の知恵が備わった「からだ」の自然治癒力を働かせます。

心身に現れる不調は、その人が抱える問題の一部が形をとって表面に現れた氷山の一角。その水面下には、個々に異なる真の原因があるのです。

「人間関係」や「仕事のトラブル」、「子育て」や「介護」、「経済的な問題」など。現代社会にはストレスを生み出すさまざまな要因が存在し、それらの要因を実際にストレスと感じれば、それが心身の不調を引き出す”きっかけ”となります。

ただ、何をストレスと感じるかは人によって違います。なぜなら私たちは一人ひとり異なる経験・体験をしているからです。そしてその過程で形成された、「考え方」や「信念」、「恐れ」や「トラウマ」、「コンプレックス」などが何をストレスと感じるかに大きく関わっています。

ボディートーク施術士は、さまざまな心身の症状を引き起こすストレスの根底になる、真の原因にアプローチしていくことにより、体内のコミュニケーションの修復を行い、「からだ」を常に健康な状態に戻そうとする自然治癒力の働きを取り戻します。

ボディートークは特定の病気に対して診断を下したり、治療を行うものではありません。

ボディートークの施術士は自然治癒の力が備わった「からだ」のバランスを整え、意識せずとも体の不調を回復させる自然治癒力が働きを取り戻せるようにサポートします。