ボディートークを学びたい方へ

ボディートークの理論的背景
ボディートークの目指すもの
自然治癒力を強化して、心身両面の健康を目指す。
これはボディートーク療法がもつ大きな特徴です。
しかし、ボディートーク療法の狙いはそれだけには留まりません。
心身をベストな状態に整えることで、誰もが本来の力を発揮することをサポートし、
Quality of Life(クオリティーオブライフ)を向上させる。
それこそがボディートークが目指しているものなのです。
心身をベストな状態に導き
可能性を最大限に発揮する助けとなる
充実した人生を送るため、あらゆる年代層の間で、不快な症状への一時的な対処を超えた“真の健康”を実現するヘルスケアへの関心が高まっています。
ボディートーク療法では、人間の誰もがもっている「自然治癒力」にフォーカスし、心身両面における包括的な意味での健康を目指します。自然治癒力がもたらす効果は身体ばかりか精神面、また現代医学では診断が難しいとされてきた症状にまでおよび、個別の対症療法とは異なって長く継続する。こうした特徴をもつボディートーク療法が心身の総合的な健康回復・維持・増進で果たす役割は、今後ますます大きくなっていくでしょう。
しかし、ボディートーク療法の効果は、ヘルスケアの一領域にとどまるものではありません。身体と精神を一体のものとしてとらえ、そのつながりを重視することで、身体と心の前向きな変化を促す。さらに心身をベストな状態に整えることで、パフォーマンスの向上、スポーツの上達など、施術を受けた人が本来の力を発揮するのをサポートする。あらゆる人が自らの可能性を最大限に活かし、本当の人生を生きる力となる。これこそ、ボディートーク療法が究極的に目指しているものなのです。