ボディートークを学びたい方へ

ボディートークの理論的背景
施術の流れと具体例
ボディートークの施術はどんな手順で進んでいくのか。
「神経-筋バイオフィードバック」や「タップ」の技法をどのように使っていくのか。
施術を受けた人のケース紹介も交えながら、
実際の施術の様子を詳しく紹介していきます。
施術をリードする
「天生の知恵(インネイト-ウィズダム)」
分断されたコミュニケーション網を探し、修復することによって、身体、心、精神、感情や意識といったものが上手く同調するようバランスをとり、自然治癒力を回復させる。こうした一連の施術の流れを、ボディートークでは「セッション」と呼んでいます。一回のセッションの所要時間はだいたい30分~1時間程度ですが、長さはその時々の状態によって変わってきます。
多くの医療や療法では、最初に医師や治療者が「どこの具合がどう悪いか」の診断を行うのが一般的です。しかしボディートークのセッションでは、「傷つき、修復を必要としているコミュニケーション網はどこか」「どの順序で修復していくか」といったことを決めるのは、自然治癒力を司る「天生の知恵(innate wisdom)」。施術士は身体が自然治癒力を取り戻す手助けをするナビゲーター役となります。
質問で修復箇所を特定
セッションを受ける人が最初にするのは、ベッドにリラックスして横になり、施術士に片手をゆだねること。施術士はその手をとりながら、ボディートーク独自の「プロトコールチャート」に沿って“Yes/No”で答えられる質問を投げかけ、ゆだねられた手の反応から答えを読み取ります。
これは「神経-筋バイオフィードバック」の技法に基づくもので、質問後、施術士が手を持ち上げようとしたとき抵抗せずに軽く上がれば“Yes”、手が重く動かないなら“No”という意味。施術士はこの問いかけを繰り返し、修復が必要な箇所と順序を理解します。
施術を受けている人は、質問に耳を傾けたり、それに口頭で答える必要はありません。実際、質問を声に出さない施術士も多く、受ける側は何を聞かれ、どう反応したか分からないこともあるほどです。
損なわれた箇所を修復し、セッションを終了
損なわれたコミュニケーション網の箇所が特定できれば、後の手順は非常にシンプルです。
施術士と施術を受ける人がそれぞれの手で修復が必要とされている部位に軽く触れ、施術士はさらにもう一方の手で、施術を受ける人の頭部と胸骨を軽く触れるようにトントンとタップします。こうすることで、コミュニケーション網を修復しながら、修復された状態を記憶させることができます。
この一連の手順を繰り返し、そのときに必要とされている修復がすべて終わるとセッションが完了し、次のセッション日程の目安が伝えられます。
ボディートークのセッションでは、施術を受ける側が気にしているものとは異なる部位が、「優先的に修復が必要な箇所」として浮かび上がることがあります。最初は理解しにくいかもしれませんが、身体は自分のことを誰よりもよく知っており、症状の本当の原因を教えてくれます。その声に従うことで、身体に本来備わっている自然治癒力が回復、強化され、問題の症状も改善されていくのです。
実際のボディートークの施術例については、<こちら>をご覧ください。