ボディートークを学びたい方へ

ボディートークのカリキュラム
ボディートークのためのストラクチュラル・インテグレーション概念
概要
このコースでは、解剖学および構造のレベルで、筋膜体を探求していきます。筋膜とは、体が自らとコミュニケーションし、自らを保護し、動かし、表現するための主要ルートです。構造および筋膜の上級原理と併せて、最も包括的な筋膜リリーステクニックを学ぶことにより、施術者は、慢性の痛みや疾患のパターンを解放できるだけでなく、機能や姿勢を修復することもできるようになります。
そういった長年にわたる構造上のパターンや蓄積された信念パターンが解消されるとクライアントは、より肉体的なレベルに変化を感じ、自分の病理が肉体的に表出していることを理解できるようになります。
このようにして心身のすべてのレベルに焦点を当てることで、クライアントは健康な状態へと変貌を遂げることができます。このダイナミックな健康状態では、クライアントは痛みがなくなるだけでなく、バランスがとれ、統合された、ゆるぎない態度で自己を十分に表現することができます。
詳細
私たちの体のすべての細胞は、筋膜によって完全に包まれています。この筋膜という結合組織は、トラウマ、感情的問題および疾患によって、しだいに制限されていくことがあります。筋膜が制限されると、体は、意識、生理機能、そして感情表出のレベルにおいて、最適に機能できなくなります。すると体は、それを補完しようとして、生存、保護、動きのために効率の悪いシステムで機能し始めます。体は反応しやすい状態で機能するようになり、エネルギーや順応性が不足する原因となるのです。
このコースでは、姿勢と機能の分析を学び、感情的姿勢と肉体的な動きのパターンにおける補完作用について探求します。これによって、クライアントの健康についてより良い洞察が得られ、痛みや疾患の隠れた犯人を突き止められるようになります。
認識投影演習を通して、これまでボディートークシステムで焦点を当てられたことのなかった、新しい優先事項を見つける方法を学びます。
エネルギー的な体が肉体的な体へとどのように姿を変えるのかを学ぶにつれて、本当の意味で現在の瞬間に存在することができるようになり、真に深く永続的な結果を得るためには、どのレベルで施術していくべきかが正確にわかるようになります。クライアントは、自分の肉体的な体に起こる変化を感じ、その変化にすべてのレベルで関わることができるようになります。
最も包括的かつ最先端の筋膜リリーステクニックを、これまでにマッサージや手技のトレーニングをしたことがない方でも、容易に学ぶことができます。それを習得すれば、筋膜をエネルギー的に解放するための、新しいボディートークフォーミュラを身につけることになり、筋膜および構造への遠隔施術がやりやすくなります。ボディートークで私たちが行うすべてのリンクは、心身複合体の中の関係を治癒したり、改善したりするためのものです。このコースでは、体の各部分、信念システム、生理機能その他の間の関係をより深く探求していきます。これらの関係性の動的力学を理解することが、クライアントへの強力なセッションのカギとなります。これらのリンクが修復されれば、セッションで起こった変化を「定着させる」ために、あなたのフォーミュラを「統合(インテグレート)」する方法がわかるでしょう。これは、何度も再発するような頑固な疾患の場合に非常に重要です。
学習内容(要点)
  • ストラクチュラル・インテグレーション理論の紹介
  • テンセグリティーの概念
  • 筋膜、その性質と解剖学
  • 構造と感情の姿勢分析
  • 認識投影トレーニング
  • 体の認識と治癒における五感の役割
  • 筋膜リリーステクニック
  • 機能運動ストレッチテクニック
  • 意識が姿勢や表現に表出されることの理解
  • エネルギーの詰まりを解消する気功の呼吸法
  • 筋膜のもつれをほどく
  • 筋膜リリースと変化の統合のためのボディートークフォーミュラ
  • 「活発な記憶」の上級フレーズとテクニック
  • ハートのセンタリングとグラウンディングのテクニック
学習内容(目標)
参加者がこのコースの修了時に、以下のことができるようになることが目標です。
  1. ストラクチュラル・インテグレーションの理論と応用を理解する。
  2. 筋膜の解剖学と機能を理解する。
  3. 構造、感情、補完の観点から姿勢評価を行うのに必要なスキルを実演する。
  4. 他の生徒の筋膜系のあらゆるレベルと部位に対して、基礎および上級の筋膜リリーステクニックを実演する。
  5. 自分に筋膜リリーステクニックを施されるのを体験する。
  6. 運動面を理解し、骨盤の動きを最適化するためにそれらを解放
  7. 体の構造上の関係を理解し、感情的および肉体的な制限パターンを解放する方法を理解する。
  8. 認識投影を体験し、ボディートークフォーミュラをより深く明らかにするため、および自己治癒のためにそれを利用する方法を体験する。
  9. 筋膜の制限をエネルギー的に、また遠隔施術中に解放するフォーミュラを理解する。
  10. より効果的で、より永続的なセッションにするために、起こった変化を心身に統合するという概念を理解する。
条件など
  • 本コースはIBA(International BodyTalk Association)会員限定のコースです。
  • 本コースは「ボディートーク 基礎」<旧・モジュール1および2>を受けた方が受講できます。
  • 本コースは認定ボディートーク施術士(CBP/Certified BodyTalk Practitioner)に求められる継続教育の時間数のうち32時間分として算定されます。
※「ボディートークのためのストラクチュラル・インテグレーション概念」セミナーの
 開催スケジュールは<こちら>をご覧ください。