ボディートークを学びたい方へ

ボディートークのカリキュラム
ボディートーカーのためのマインドスケープ
概要

このコースは、さまざまなレベルの経験や習熟度を持つボディートークとマインドスケープの両方を学ぶ生徒が、自分の直感言語のスタイルとのより深く実践的な関係を得ることによって、新しいレベルの気づきをもたらします。繰り返し行う練習によって生徒はボディートークのセッションを行うこと、またセッションに関わる直感的な情報を解釈することに対する自信を得ます。
3日間の実践的なワークショップは生徒自身がマインドスケープスタイルのボディートークセッションを行ったり、受けたりするともに、インストラクターのデモセッションを観察する機会を提供します。
生徒は直感的コミュニケーションのチャンネルを開き、施術や人生のその他の用途のためにワークショップ内のツールをいかに有益に用いるかを探索します。

詳しい学習内容
このコースで扱う要素は下記の通りです。
  • 4呼吸で素早くワークショップにアクセスし、アルファ状態に入る。
  • ボディートークセッションでワークショップのツール全てをいかに使うかを探索する。
  • セッション中ゾーンに入ったままで、いかにクライアントとのコミュニケーション、またセッションの記録を取るかについて学ぶ。
  • ボディートークの遠隔セッションをいかに行うか、またその倫理について学び、また練習する。
  • ボディートークセッションにおける元型タイプを探索、発展させ、実際的に使えるようにする。
条件など
  • 本コースは「ボディートーク 基礎」<旧・モジュール1、2>および「マインドスケープ」を受講済みの方が受講できます。
  • 本コースは認定ボディートーク施術士(CBP/Certified BodyTalk Practitioner)に求められる継続教育の時間数のうち18時間分として算定されます。
※「ボディートーカーのためのマインドスケープ」セミナーの開催スケジュールは<こちら>をご覧ください。